ボイラー技士の仕事



二級ボイラー技士は、工場などの製造設備で使われているボイラーや、中規模・大規模のビルやデパートなどのさまざまな施設で使われている冷暖房や給湯用のエネルギー源となっているボイラーの保守点検、運転の管理などを主に行います。

ボイラーは、工場や、駅ビルなどの大きな施設では多く使われています。他にも病院やマンション、ホテルなど、さまざまな場所で使われているので、仕事場は幅広くあります。

ビルや工場、マンションなどの設備・空調管理の求人では、ボイラー技士の資格が有利になる場合が多くあります。

仕事内容もそれほど体力が必要な仕事ではないので、中高年や女性の方の就職・転職にもよい資格ではないでしょうか。




初めての二級ボイラー技士試験 TOP