二級ボイラー技士の受験資格

1、学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校等においてボイラー
  に関する学科を修め3ヶ月以上の実地修習を経た者
 
  【必要な添付書類】 詳細
  ・学校の卒業証明書(原本で、蒸気ボイラー又は蒸気原動機について
   2単位以上修得したことを特記したもの)
  ・実地修習結果報告書の写  
  
2、6ヶ月以上ボイラーの取扱いの実地修習を経た者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・実地修習結果報告書の写

3、都道府県労働局長が指定するボイラー実技講習(20時間)を修了した者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・ボイラー実技講習修了証の原本※又は写
   (※提出された原本は返却されません。)

4、都道府県労働局長又は登録教習機関が行ったボイラー取扱技能講習を
  修了し、4ヶ月以上小規模ボイラーを取扱った経験がある者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・ボイラー取扱技能講習修了証の写
  ・事業者証明書

5、熱管理士免状(エネルギー管理士(熱)免状も該当)を有する者で、
  1年以上の実地修習を経た者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・エネルギー管理士免状の写及び合否通知書(合格証)の写
  ・実地修習結果報告書の写

6、海技士(機関3級以上)免許を受けた者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・海技士免状の写

7、海技士(機関4,5級)の免許を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上
  のボイラーの取扱経験者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・海技士免状の写
  ・事業者証明書

8、ボイラー・タービン主任技術者(1種または2種)免状を
  有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーの取扱い経験者

  【必要な添付書類】 詳細
  ・ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状の写
  ・事業者証明書

9、保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格したもので、
  伝熱面積の合計が25u以上のボイラーを取り扱った経験があるもの

  【必要な添付書類】 詳細
  ・汽かん係員試験合格証の写
  ・事業者証明書

10、鉱山において、伝熱面積の合計が25u以上のボイラーを取り扱った
  経験がある者(但しゲージ圧力が0.4MPa以上の蒸気ボイラー又は
  ゲージ圧力0.4MPa以上の温水ボイラーに限る。)

  【必要な添付書類】 詳細
  ・事業者証明書


技術系の通信教育講座ならJTEX






初めての二級ボイラー技士試験 TOP