二級ボイラー技士試験 平成18年前期の過去問



関係法令 (問31〜40)



問31 ボイラー技士免許を受けた者でなければ取扱うこと
   ができないボイラーは、次のうちどれか。

(1)ゲージ圧力0.1MPaで使用し、伝熱面積が16m
  の温水ボイラー
(2)伝熱面積が2.5m2の蒸気ボイラー
(3)胴の内径が720mm、その長さが1200mmの蒸
  気ボイラー
(4)伝熱面積が25m の気水分離器を有しない貫流ボ2
  イラー
(5)伝熱面積が20m の貫流ボイラー(ただし、内2
  径が300mmで、かつ、その内容積が0.2m の気3
  水分離器を有する。)


問32 ボイラーの次の部分又は設備を変更しようとするとき、
   ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必
   要のないものはどれか。

(1)水管ボイラーの過熱器
(2)炉筒煙管ボイラーの節炭器
(3)横煙管ボイラーの煙管
(4)多管式立てボイラーの据付基礎
(5)鋳鉄製ボイラーの燃焼装置


問33 使用再開検査を受けなければならないボイラーは、
   次のうちどれか。

(1)使用を廃止したボイラーを再び使用しようとする
  とき
(2)使用を休止していたボイラーを再び使用しようと
  するとき
(3)構造検査を受けた後、1年間設置されなかったボ
  イラーを設置し、使用しようとするとき
(4)ボイラーの修繕工事が完了したとき
(5)輸入したボイラーを使用しようとするとき


問34 次の文中の内に入れるA、B及びCの数値の
   組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。

「蒸気ボイラーには、内部の圧力を最高使用圧力以
下に保持することができる安全弁を A 個以上備え
なければならない。ただし、伝熱面積 B u
以下の蒸気ボイラーにあっては、安全弁を C 個と
することができる。」

   A    B    C
(1)2   25    1
(2)1   50    2
(3)2   50    1
(4)1   100   2
(5)2   100   1

問35 附属品の管理に関し、次のうち誤っているものはど
   れか。

(1)圧力計又は水高計は、使用中その機能を害するよ
  うな振動を受けることがないようにし、かつ、その
  内部が凍結し又は100℃以上の温度にならない措
  置を講ずること。
(2)逃がし管は、凍結しないように保温その他の措置
  を講ずること。
(3)蒸気ボイラーの常用水位は、ガラス水面計又はこ
  れに接近した位置に、現在水位と比較することがで
  きるように表示すること。
(4)温水ボイラーの返り管については、凍結しないよ
  うに保温その他の措置を講ずること。
(5)燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装
  置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。


問36 掃除、修繕のためボイラー又は煙道の内部に入ると
   きの措置に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ボイラー又は煙道の内部の換気を行うこと。
(2)移動電燈は、ガードを有するものを使用すること。
(3)使用中の他のボイラーとの管連絡を確実にしゃ断
  すること。
(4)ボイラー又は煙道の内部で使用する移動電線は、
  ビニルコード又はこれと同等以上の絶縁効力及び強
  度を有するものを使用すること。
(5)ボイラー又は煙道を冷却すること。


問37 ボイラー取扱作業主任者が行うべき事項として、法
   令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1)圧力、水位及び燃焼状態を監視すること。
(2)急激な負荷の変動を与えないように努めること。
(3)1月以内ごとに1回、水面測定装置の機能を点検
  すること。
(4)適宜、吹出しを行い、ボイラー水の濃縮を防ぐこと。
(5)排出されるばい煙の測定濃度及びボイラー取扱い
  中における異常の有無を記録すること。


問38 ボイラー(移動式ボイラー及び屋外式ボイラーを除く。)
   の設置場所等に関し、正しいものの組合せは(1)〜(5)
   のうちどれか。

A ボイラーの外側から0.15m以内にある可燃性
 の物は、防火のため金属製の材料で被覆すること。
B 本体を被覆していない胴の内径が600mm、長
 さが1200mmのボイラーの外壁から壁、配管そ
 の他ボイラーの側部にある構造物(検査及びそう
 じに支障のない物を除く。)までの距離は、0.3m
 以上とすること。
C 伝熱面積が3m の立てボイラーは、作業場の2
 隅に障壁なしで設置することができる。
D ボイラー室には、労働者が緊急時に避難するの
 に支障がない場合を除き、2以上の出入口を設け
 ること。
E ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイ
 ラーの上部にある構造物までの距離は、原則とし
 て1m以上とすること。

(1)A,B
(2)A,C
(3)A,E
(4)C,D
(5)D,E


問39 ボイラーの性能検査に関し、次のうち誤っているも
   のはどれか。

(1)ボイラー検査証の有効期間は、原則として1年で
  ある。
(2)ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとす
  る者は、性能検査を受けなければならない。
(3)性能検査を受ける者は、性能検査に立ち会わなけ
  ればならない。
(4)性能検査を受ける者は、原則として、ボイラー
  (燃焼室を含む。)及び煙道を冷却し、掃除し、そ
  の他性能検査に必要な準備をしなければならない。
(5)性能検査の結果により1年未満又は1年を超え3
  年以内の期間を定めて、ボイラー検査証の有効期間
  を更新されることがある。


問40 次の文中の内に入れるA及びBの用語の組合
   せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。

「水高計の目もりには、当該ボイラーの A  を示
す位置に、見やすい表示をすること。
水高計の目もり盤の最大指度は、 B  の1.5倍以上
3倍以下の圧力を示す指度としなければならない。」

     A       B
(1)最高使用圧力  常用圧力
(2)最高使用圧力  最高使用圧力
(3)常用圧力    常用圧力
(4)最高使用圧力  常用水位
(5)安全低水面   最高使用圧力






過去の問題にもどる




      初めての二級ボイラー技士試験 TOP