二級ボイラー技士試験 平成18年後期の過去問



ボイラーの取扱いに関する知識 (問11〜20)



問11 ボイラーの点火前の点検、準備に関し、次のうち誤
   っているものはどれか。

(1)水面計によってボイラー水位が常用水位よりも高
   いときは、吹出しを行って常用水位に調整する。

(2)験水コックがある場合には、水部にあるコックか
   ら水が噴き出すことを確認する。

(3)圧力計の指針の位置を点検し、残針がある場合は
   圧力計を取り替える。

(4)煙道の各ダンパを全開にしてファンを運転し、炉
   内及び煙道内の換気を行う。

(5)空気抜き弁が閉じていることを確認する。



問12 ボイラーのたき始めに急激な燃焼を行ってはならな
   い理由として、次のうち正しいものはどれか。

(1)ボイラー水の循環が悪くなる。

(2)ボイラー効率を低下させる。

(3)水面計又は圧力計が破損する。

(4)ボイラー本体の不同膨張を起こし、れんが積みの
   目地割れなどが生ずる。

(5)ボイラー水が異常に減少する。



問13 ボイラー清缶剤に関し、その作用による分類として、
   誤っているものは次のうちどれか。

(1)pH及び酸消費量の調節剤

(2)軟化剤

(3)スラッジ分散剤

(4)水分分離剤

(5)脱酸素剤



問14 給水装置の取扱いに関し、次のうち誤っているもの
   はどれか。

(1)給水タンクは、常にタンク内の貯水量が十分であ
   ることを確認する。

(2)復水混合タンク内の給水の温度が高すぎないよう
   にする。

(3)給水ポンプの吐出し側に圧力計を取り付け、給水
   圧力の点検により給水管系における異常を予知する。

(4)ディフューザポンプのメカニカルシール式の軸は、
   運転中少量の水が連続して滴下する程度にパッキン
   を締めておく。

(5)給水ポンプの電流計に正常運転時の負荷電流を表
   示し、電流計の指示値によってポンプの異常を予知
   する。



問15 ボイラーのガラス水面計の機能試験を実施する時期
   として、次のうち誤っているものはどれか。

(1)蒸気圧力のない場合は、ボイラーをたき始めて蒸
   気圧力が上がり始めたとき

(2)ボイラーの底部の吹出しを行っているとき

(3)プライミング、ホーミングが生じたとき

(4)2組の水面計の水位に差異を認めたとき

(5)ガラス管の取替え、その他の補修を行ったとき



問16 ボイラー水位が水面計以下にあると気づいたときの
   措置として、次のうち誤っているものはどれか。

(1)燃料の供給を止めて燃焼を停止する。

(2)換気を行い、炉の冷却を図る。

(3)鋼製ボイラーの場合には、残存水面上にある加熱
   管が急冷されるので、原則として給水を行わない。

(4)鋳鉄製ボイラーの場合には、直ちに給水を行う。

(5)ボイラーが自然冷却するのを待って、原因及び各
   部の損傷の有無を調査する。



問17 燃焼調節に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ボイラー本体やれんが壁に火炎が触れないように
   し、常に火炎の流れの方向を監視する。

(2)燃焼に不必要な空気の炉内侵入を防止し、炉内を
   高温に保つ。

(3)燃焼量を増すときは空気量を先に増し、燃焼量を
   減ずるときは燃料の供給量を先に減少させる。

(4)燃焼用空気量の過不足は、燃焼ガス計測器により
   CO2、CO又はO2の値から判断する。

(5)炎が短く、輝白色で炉内が明るい場合は、燃焼用
   空気量が適量である。



問18 ボイラーのスートブローについての注意事項として、
   次のうち誤っているものはどれか。

(1)スートブローの実施回数は、燃料の種類、負荷の
   程度及び蒸気温度などの条件によって異なること。

(2)スートブローは、最大負荷よりやや低いところで
   行うこと。

(3)スートブローは、燃焼量の低い状態のときに行う
   こと。

(4)スートブローの前には、スートブロワからドレン
   を十分に抜くこと。

(5)スートブローは、一箇所に長く吹きつけないよう
   にすること。



問19 ボイラー水中の不純物による障害に関し、次のうち
   誤っているものはどれか。

(1)酸素、二酸化炭素などの溶存気体は、鋼材の腐食
   の原因となる。

(2)全蒸発残留物は、ボイラー内で蒸発によって濃縮
   し、スケールやスラッジとなり腐食や伝熱管の過熱
   の原因となる。

(3)スラッジは、ボイラー水中の溶解性蒸発残留物か
   ら生成する軟質沈殿物であり、ドラム底部などに沈
   積する。

(4)懸濁物には、りん酸カルシウムなどの不溶物質、
   微細なじんあい、エマルジョン化された鉱物油など
   があり、キャリオーバの原因となる。

(5)スケールの熱伝導率は、軟鋼に比較して著しく高
   く、一般に軟鋼の20〜100倍程度であり、グル
   ービングの原因となる。



問20 ボイラーの休止中の保存に関し、次のうち誤ってい
   るものはどれか。

(1)休止中の保存が悪いと、ボイラーの内外面に腐食
   を生じ、ボイラーの寿命を著しく短縮する。

(2)ボイラーの燃焼側及び煙道は、休止中に湿気を帯
   びやすいので、すすや灰を完全に除去して防錆油又
   は防錆剤などを塗布する。

(3)休止期間が3月以内の場合は、乾燥保存法が採用
   され、休止期間が長期にわたる場合は満水保存法が
   採用される。

(4)乾燥保存法は、ボイラー水を全部排出して内外面
   を清掃した後、少量の燃料を燃焼させ完全に乾燥さ
   せる。

(5)満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用
   してはならない。






 続き(問21〜30)    過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP