二級ボイラー技士試験 平成18年後期の過去問



燃料及び燃焼に関する知識 (問21〜30)



問21 重油に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)A重油はB重油に比べて流動点が低い。

(2)A重油はB重油に比べて密度は小さいが、単位質
   量当たりの発熱量が大きい。

(3)密度の大きい重油は、密度の小さい重油より一般
   に引火点が低い。

(4)重油の密度は、温度が上昇すると減少する。

(5)重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。



問22 発熱量に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生す
   る熱量をいう。

(2)発熱量の単位は、液体又は固体燃料で〔MJ/kg〕、
   気体燃料で〔MJ/m3N 〕をもって表す。

(3)発熱量には、同一燃料につき、高発熱量と低発熱
   量の2通りの表し方がある。

(4)高発熱量と低発熱量との差は、燃料に含まれる水
   素及び水分によって決まる。

(5)低発熱量は、水蒸気の潜熱を含んだ発熱量である。



問23 霧化媒体を必要とする重油バーナは、次のうちどれか。

(1)低圧気流噴霧式バーナ

(2)圧力噴霧式バーナ

(3)回転式バーナ

(4)ガンタイプバーナ

(5)プランジャ式圧力噴霧バーナ



問24 石炭燃焼と比べた重油燃焼の特徴に関し、次のうち
   誤っているものはどれか。

(1)ボイラーの負荷変動に対して、応答性が優れている。

(2)すす、ダストの発生が少ない。

(3)完全燃焼をさせるのに、過剰空気を多く必要とする。

(4)燃焼温度が高いため、ボイラーの局部過熱及び炉
   壁の損傷を起こしやすい。

(5)油の漏れ込みなどによって炉内ガス爆発を起こす
   おそれがある。



問25 気体燃料の燃焼の特徴に関し、次のうち誤っている
   ものはどれか。

(1)燃焼させるうえで液体燃料のような微粒化、蒸発
   のプロセスが不要である。

(2)燃焼用空気との混合状態を比較的自由に設定でき、
   火炎の広がり、長さなどの火炎の調節が容易である。

(3)安定な燃焼が得られ、点火、消火が容易で自動化
   しやすい。

(4)重油のような燃料加熱、霧化媒体の高圧空気ある
   いは蒸気が不要である。

(5)ガス火炎は油火炎に比べて放射率が高い。



問26 石炭に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)植物が褐炭や歴青炭に変成するに従って、水素は
   ほとんど変わらないが、酸素は減少し、炭素は増加
   する。

(2)無煙炭になると水素、酸素はともに減少し、ほと
   んど炭素になる。

(3)燃料比は、褐炭から無煙炭になるにつれて増加する。

(4)石炭の揮発分は、炭化度の進んだものほど多い。

(5)灰分は不燃分であるので、灰分が多いと石炭の発
   熱量を減らす。



問27 燃焼に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)完全燃焼に必要な最少の空気量を理論空気量といい、
   液体燃料では〔m3N /s〕で表す。

(2)実際の燃焼に際して送入される空気量を実際空気
   量といい、一般の燃焼では理論空気量より少い。

(3)理論空気量(Ao)に対する実際空気量(A)の比
   を空気比(m)といい、A=mAoという関係が成り
   立つ。

(4)ボイラーの最も大きな熱損失は、一般に排ガス熱
   による損失である。

(5)ボイラーの熱損失を少なくするため、空気比を小
   さくし、かつ、完全燃焼を行わせる。



問28 次の文中の A、B 内に入れるA及びBの用語の組合
   せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
   「燃焼室熱負荷とは、単位時間における燃焼室の A
   当たりの B  をいう。」

    A      B

(1)伝熱面積   発生熱量

(2)伝熱面積   吸収熱量

(3)単位容積   発生熱量

(4)単位面積   発生熱量

(5)単位容積   吸収熱量



問29 ボイラーの通風に関し、次のうち誤っているものは
   どれか。

(1)炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流
   れを通風という。

(2)通風を起こさせる圧力差を通風力という。

(3)煙突によって生じる自然通風力は、煙突内のガス
   温度が低いほど大きくなる。

(4)押込通風は、ファンを用いて燃焼用空気を大気圧
   より高い圧力として炉内に押し込むものである。

(5)平衡通風の炉内圧は、大気圧よりわずかに低く調
   節する。



問30 窒素酸化物(NOx)の発生抑制方法として、次の
   うち誤っているものはどれか。

(1)炉内燃焼ガス中の酸素濃度を高くする。

(2)燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じない
   ようにする。

(3)高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を短くする。

(4)排煙脱硝装置を設け、燃焼ガス中のNOxを除去
   する。

(5)二段燃焼を行う。






  続き(問31〜40)     過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP