二級ボイラー技士試験 平成18年後期の過去問



関係法令 (問31〜40)



問31 次の文中の □ 内に入れる用語として、正しいも
   のは(1)〜(5)のうちどれか。
   「蒸気ボイラー又は温水ボイラーにあっては、その
   構造上使用可能な最高のを □ 最高使用圧力という。」

(1)設計圧力

(2)許容圧力

(3)ポンプ圧力

(4)絶対圧力

(5)ゲージ圧力



問32 次の文中の A、B 内に入れるA及びBの用語の組合
   せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
   「所轄労働基準監督署長は、 A  に合格したボイ
   ラーについて、ボイラー検査証を交付する。ボイラー
   検査証の有効期間は、 B  に合格すると更新される。」

     A       B 

(1) 落成検査   使用検査

(2) 落成検査   性能検査

(3) 構造検査   使用検査

(4) 構造検査   性能検査

(5) 使用検査   性能検査



問33 ボイラーの附属品の管理に関し、次のうち誤ってい
   るものはどれか。

(1)安全弁は、最高使用圧力以下で作動するように調
   整すること。

(2)過熱器用安全弁は、胴の安全弁より先に作動する
   ように調整すること。

(3)圧力計は、その内部が凍結し、又は100度以上
   の温度にならない措置を講ずること。

(4)温水ボイラーの返り管については、凍結しないよ
   うに保温その他の措置を講ずること。

(5)燃焼ガスに触れる吹出管は、耐熱材料で防護する
   こと。



問34 ボイラーの設置場所等に関するAからEまでの記述
   について、誤っているものの組合せは(1)〜(5)のう
   ちどれか。ただし、移動式ボイラー及び屋外式ボイラ
   ーを除く。

A 伝熱面積が3m を超えるボイラーは、ボイラー2
 室に設置すること。


B ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイ
 ラーの上部にある構造物までの距離は、原則とし
 て1m以上とすること。

C ボイラー室には、ボイラーを取り扱う労働者が
 緊急時に避難するのに支障がない場合を除き、2
 以上の出入口を設けること。

D ボイラーに附設された被覆されていない金属製
 の煙突から0.15m以内にある可燃性の物は、
 防火のため金属製の材料で被覆すること。

E ボイラー設置場所に液体燃料を貯蔵するときは、
 原則としてボイラーの外側から1.2m以上離して
 おくこと。

(1)A,B,C

(2)A,B,E

(3)B,C,D

(4)B,D,E

(5)C,D,E



問35 次の文中の □ 内に入れる用語として、正しいも
   のは(1)〜(5)のうちどれか。
   「蒸気ボイラーのガラス水面計は、そのガラス管の
   最下部が □ を指示する位置に取り付けなければな
   らない。」

(1)安全低水面

(2)最高水面

(3)標準水面

(4)危険水位

(5)常用水位



問36 ボイラーの管ステーを変更しようとするときは、ボ
   イラー変更届にボイラー検査証及びその変更の内容を
   示す書面を添えて所轄労働基準監督署長に提出しなけ
   ればならないが、その提出時期は次のうちどれか。

(1)変更検査後、遅滞なく

(2)変更検査実施前まで

(3)変更工事完了後、遅滞なく

(4)原則として変更工事開始の日の10日前まで

(5)原則として変更工事開始の日の30日前まで



問37 ボイラー(小型ボイラーを除く。)の定期自主検査
   に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)自主検査は、1月以内ごとに1回、定期に行わな
   ければならない。ただし、1月をこえる期間使用し
   ない場合を除く。

(2)給水装置については、損傷の有無及び作動の状態
   を点検しなければならない。

(3)燃焼装置のバーナについては、汚れ又は損傷の有
   無を点検しなければならない。

(4)燃焼装置のストレーナについては、つまり又は損
   傷の有無を点検しなければならない。

(5)自主検査の結果を記録し、これを1年間保存しな
   ければならない。



問38 ボイラー取扱作業主任者が行うべき職務として、次
   のうち誤っているものはどれか。

(1)圧力、水位及び燃焼状態を監視すること。

(2)1週に1回以上、水面測定装置の機能を点検すること。

(3)最高使用圧力をこえて圧力を上昇させないこと。

(4)安全弁の機能の保持に努めること。

(5)適宜、吹出しを行い、ボイラー水の濃縮を防ぐこと。



問39 ボイラー技士免許を受けた者でなければ取り扱うこ
   とができないボイラーは、次のうちどれか。

(1)伝熱面積が16m の温水ボイラー2

(2)胴の内径が720mm、その長さが1200mmの蒸
   気ボイラー

(3)伝熱面積が25m の気水分離器を有しない貫流2
   ボイラー

(4)伝熱面積が2.5m の蒸気ボイラー2

(5)最大電力設備容量60kWの電気ボイラー



問40 温水ボイラーに取り付けなければならない附属品は、
   次のうちどれか。

(1)験水コック

(2)ガラス水面計

(3)温度計

(4)吹出し弁

(5)低水位燃料遮断装置






過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP