二級ボイラー技士試験 平成19年後期の過去問



ボイラーの取扱いに関する知識 (問11〜20)



問11  油だきボイラーの手動操作による点火方法に関し、
     次のうち誤っているものはどれか。

(1) ファンを運転し、ダンパをプレパージの位置に設
    定して換気した後、ダンパを点火位置に設定し、炉
    内通風圧を調節する。

(2) バーナは、一般に低燃焼域で点火する。

(3) 点火用火種に点火し、火種を炉内に差し込み、バ
    ーナの先端のやや前方下部に置いた後、燃料弁を開
    きバーナに点火する。

(4) 燃料の種類及び燃焼室熱負荷の大小に応じて、燃
    料弁を開いてから2〜5秒間の点火制限時間内に着
    火させる。

(5) バーナが上下に2基配置されている場合は、上方
    のバーナから点火する。



問12  ボイラー水の吹出しに関し、次のうち誤っているも
     のはどれか。

(1) 間欠吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停
    止したとき又は燃焼が軽く負荷が低いときに行う。

(2) 1人で同時に2基以上のボイラーの吹出しを行っ
    てはならない。

(3) 水冷壁の吹出しは、低燃焼で蒸気発生量が低いと
    きに行う。

(4) 鋼製蒸気ボイラーは、スケール及びスラッジが多
    量に生成するおそれがある場合は、運転中もときど
    き吹出しを行う。

(5) 鋳鉄製蒸気ボイラーは、運転中に吹出しを行って
    はならない。



問13  ボイラーをたき始めるときの各種の弁、コックの開
     閉について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 主蒸気止め弁……………………… 閉

(2) 水面計とボイラー間……………… 開
    の連絡管の弁、コック

(3) 胴の空気抜き弁…………………… 閉

(4) 吹出し弁、吹出しコック………… 閉

(5) 圧力計のコック…………………… 開



問14  ボイラー水位が安全低水面以下に異常低下する原因
     として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 不純物による水面計の機能不良

(2) 蒸気の大量消費
 
(3) 吹出し装置の閉止不完全

(4) ウォータハンマの発生
 
(5) 給水温度の過昇



問15  油だきボイラーの燃焼の維持、調整に関し、次のう
     ち誤っているものはどれか。

(1) 火炎が、ボイラー本体やれんが壁に触れないよう
    に火炎の流れの方向を監視する。

(2) 燃焼量を増すときは空気量を先に増し、燃焼量を 
    減ずるときは燃料の供給量を先に減少させる。

(3) 不必要な空気の炉内浸入を防止し、炉内を高温に保つ。

(4) 加圧燃焼では、断熱材やケーシングの損傷、燃焼
    ガスの漏出を防止する。

(5) 空気量が適量である場合は、炎は短く、輝白色で、
    炉内は明るい。



問16  水面測定装置の取扱いに関し、次のうち誤っている
     ものはどれか。

(1) 水面計の機能試験は、たき始めに圧力がない場合
    は点火直前に行う。

(2) 水面計が水柱管に取り付けられている場合は、水
    柱管の連絡管の途中にある止め弁を全開したまま、
    止め弁のハンドルを取り外しておく。

(3) 水柱管の水側連絡管は、水柱管に向かって上がり
    こう配となる配管にする。

(4) 水柱管下部のブロー管により毎日1回ブローを行
    い、水側連絡管のスラッジを排出する。

(5) 差圧式の遠方水面計では、途中に漏れがあると著
    しい誤差を生ずるから、漏れを完全に防止する。



問17  ボイラーの内面腐食に関し、次のうち誤っているも
     のはどれか。

(1) 給水中に含まれているO2、CO2などの溶存気体
    は、鋼材の腐食の原因となる。
(2) 腐食は、一般に電気化学的作用などにより生ずる。

(3) 腐食の形態によって、全面腐食とピッチングやグ
    ルービング等の局部腐食がある。

(4) 高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウム
    と鋼材が反応して、腐食することを高温腐食という。

(5) 酸消費量を調整することにより、水中での鉄のイ
    オン化を減少して腐食を抑制する。



問17  ボイラーの内面腐食に関し、次のうち誤っているも
     のはどれか。

(1) 給水中に含まれているO2、CO2などの溶存気体
    は、鋼材の腐食の原因となる。

(2) 腐食は、一般に電気化学的作用などにより生ずる。

(3) 腐食の形態によって、全面腐食とピッチングやグ
    ルービング等の局部腐食がある。

(4) 高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウム
    と鋼材が反応して、腐食することを高温腐食という。

(5) 酸消費量を調整することにより、水中での鉄のイ
    オン化を減少して腐食を抑制する。

問18  補給水処理の単純軟化装置について、次のうち誤っ
     ているものはどれか。

(1) 給水の硬度成分を除去する最も簡単な装置で、低
    圧ボイラーに広く普及している。

(2) 給水を強酸性陽イオン交換樹脂を充てんしたNa
    塔に通過させて、水の硬度成分を樹脂に吸着させ、
    樹脂のナトリウムと置換させる方法である。

(3) 処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増
    加してくる。

(4) 給水中のシリカは、除去することができない。
 
(5) 樹脂が交換能力を減じた場合、一般には塩酸で負
    荷目的に合うイオンを吸着させ再生させる。



問19  キャリオーバに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) キャリオーバは、低水位になると発生しやすい。
 
(2) キャリオーバは、主蒸気弁を急に開くと発生しやすい。

(3) キャリオーバが発生するとボイラー水全体が著し
    く揺動し、水面計の水位が確認しにくくなる。

(4) キャリオーバが発生すると蒸気の純度を低下させる。

(5) キャリオーバが発生すると配管のハンマリングを
    起こすことがある。



問20  清掃、修繕等のためボイラー内部に入る場合の注意
     事項として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) マンホールのふたを外すときは、内部に圧力が残
    っていないことを確認する。

(2) ふたを開いてから、胴の内部に十分空気が流通す
    るように穴や管台部分を開放し、又は仮設ファンを
    使用して換気する。

(3) 他のボイラーと連結している配管に設けられた主
    蒸気弁、給排水弁などは、フランジ継手部で遮断板
    により遮断する。

(4) ボイラー内に作業者が入る場合は、必ず外部に監
    視者を配置する。

(5) 照明に使用する電灯は安全ガード付きのものを使
    用し、移動用電線は絶縁被覆に損傷が無いビニルコ
    ードを使用する。






 続き(問21〜30)     過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP