二級ボイラー技士試験 平成19年前期の過去問



関係法令 (問31〜40)



問31  ボイラー(移動式ボイラーを除く。)を設置するボ
     イラー室の管理等に関し、法令上、誤っているものは
     次のうちどれか。

(1) ボイラー取扱作業主任者の資格及び氏名をボイラ
    ー室に掲示し、ボイラー検査証はボイラー取扱作業
    主任者に所持させること。

(2) ボイラー室には、関係者以外の者がみだりに立ち
    入ることを禁止し、その旨を見やすい箇所に掲示す
    ること。

(3) ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火し
    やすい物を持ち込まないこと。

(4) ボイラー室には、水面計のガラス管、ガスケット
    その他の必要な予備品及び修繕用工具類を備えてお
    くこと。

(5) 燃焼室、煙道等のれんがに割れが生じ、又はボイ
    ラーとれんが積みとの間にすき間が生じたときは、
    すみやかに補修すること。



問32  ボイラーの定期自主検査における項目と点検事項と
     の組合せとして、法令上、誤っているものは次のうち
     どれか。

     (項目)       (点検事項)
(1) 燃料送給装置     損傷の有無

(2) バーナタイル     汚れ又は損傷の有無

(3) 火炎検出装置     機能の異常の有無

(4) 空気予熱器      通風圧の異常の有無

(5) 給水装置       損傷の有無及び作動の状態



問33  ボイラー取扱作業主任者が行わなければならない職
     務として法令に規定されていない事項は、次のうちどれか。

(1) 圧力、水位及び燃焼状態を監視する。

(2) 水処理装置の機能の保持に努める。

(3) 急激な負荷の変動を与えないように努める。

(4) ボイラーについて異状を認めたときは、直ちに必
    要な措置を講ずる。

(5) 低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自
    動制御装置を点検し、及び調整する。



問34  次の文中の【 】内に入れるA及びBの用語の組合
     せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。

   「事業者は、煙突からの排ガスの排出状況を観測す
   るための【 A  】をボイラー室に設置する等ボイラー取
   扱作業主任者が【 B 】 が正常に行われていることを容
   易に監視することができる措置を講じなければならな
   い。」

       A            B
(1) 排ガス温度測定器     ポストパージ

(2) 窓            燃焼

(3) 通風計測装置       点火

(4) 排ガス温度測定器     プレパージ

(5) 窓            プレパージ



問35  ボイラー技士免許を受けた者でなければ取り扱うこ
     とができないボイラーは、法令上、次のうちどれか。


(1) 胴の内径が700oで、長さが1000oの蒸気ボイラー

(2) 最大電力設備容量40kWの電気ボイラー

(3) 伝熱面積が4m の蒸気ボイラー2

(4) 伝熱面積が10m の温水ボイラー2

(5) 伝熱面積が20m の気水分離器を有していない2
    貫流ボイラー



問36  ボイラーを設置している者が、ボイラー検査証の再
     交付を所轄労働基準監督署長から受けなければならな
     い場合は、法令上、次のうちどれか。

(1) ボイラー取扱作業主任者を変更したとき

(2) ボイラーの変更検査に合格したとき

(3) ボイラー検査証の事業者を変更したとき

(4) ボイラー検査証を損傷したとき

(5) ボイラーを移設して設置場所を変更したとき



問37  ボイラーの附属品の管理に関し、法令上、誤ってい
     るものは次のうちどれか。

(1) 圧力計は、使用中その機能を害するような振動を
    受けることがないようにすること。

(2) 圧力計は、その内部が凍結し、又は80度以上の
    温度にならない措置を講ずること。

(3) 水高計の目もりには、ボイラーの常用水位を示す
    位置に見やすい表示をすること。

(4) 逃がし管は、凍結しないように保温その他の措置
    を講ずること。

(5) 燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装
    置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。



問38  ボイラー使用再開検査を受けなければならない場合は、
     法令上、次のうちどれか。

(1) 使用を廃止したボイラーを再び使用しようとするとき

(2) ボイラー検査証の有効期間を更新しようとするとき

(3) 構造検査を受けた後、1年間設置されなかったボ
    イラーを設置し、使用しようとするとき

(4) 輸入したボイラーを設置し使用しようとするとき

(5) 休止報告をして、使用を休止していたボイラーを
    再び使用しようとするとき



問39  次の文中の【  】内に入れるAの用語及びBの数値
     の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)の
     うちどれか。
   「安全弁が2個以上ある場合において、1個の安全
   弁を【 A 】 以下で作動するように調整したときは、他
   の安全弁を最高使用圧力の【 B 】 %増以下で作動する
   ように調整することができる。」

        A            B
(1) 最高使用圧力の90%      10
(2) 最高使用圧力の80%      10
(3) 最高使用圧力          3
(4) 最高使用圧力          5
(5) 最高使用圧力          7



問40  次の文中の【   】内に入れるAの数値、B及びCの
     用語の組合せとして、関係法令上、正しいものは(1)
     〜(5)のうちどれか。
   
   「最高使用圧力【 A 】 MPa以上の蒸気ボイラー(貫
   流ボイラー及び移動式ボイラーを除く。)の吹出し管 
   には、吹出し弁を2個以上又は吹出し弁と【 B 】 をそ
   れぞれ1個以上【 C 】 に取り付けなければならない。」

     A       B          C

(1) 0.1      吹出しコック     並列

(2) 1       逃がし弁       並列

(3) 1.5     排水コック      並列

(4) 0.1     逃がし弁       直列

(5) 1       吹出しコック     直列






 過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP