二級ボイラー技士試験 平成21年後期の過去問



燃料及び燃焼に関する知識 (問21〜30)



問21  燃料の発熱量に関し、次のうち誤っているものはど
     れか。

(1) 発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生す
    る熱量をいう。

(2) 発熱量の単位は、液体又は固体燃料では[MJ/kg]、
    気体燃料では[MJ/m ]をもって表す。3

(3) 高発熱量は、水蒸気の潜熱を含んだ発熱量で、総
    発熱量ともいう。

(4) 高発熱量と低発熱量との差は、燃料に含まれる炭
    素及び炭化水素の量によって決まる。

(5) ボイラー効率の算定に当たっては、一般に低発熱
    量が用いられる。



問22  重油の性質に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 密度の大きい重油は、一般に粘度が高い。

(2) 密度の小さい重油は、引火点が高い。

(3) 重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。

(4) B重油は、A重油に比べて流動点が高い。

(5) A重油は、B重油に比べて単位質量当たりの発熱
    量が大きい。



問23  石炭の性質に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 褐炭から無煙炭になるにつれて成分中の酸素は減
    少し、炭素は増加する。

(2) 褐炭から無煙炭になるにつれて燃料比は増加する。

(3) 石炭の揮発分は、炭化度の進んだものほど多い。

(4) 石炭の固定炭素は、石炭の主成分をなすもので、
    炭化度の進んだものほど多い。

(5) 石炭の単位質量当たりの発熱量は、炭化度の進ん
    だものほど大きい。



問24  石炭燃焼と比較した重油燃焼の特徴として、誤って
     いるものは次のうちどれか。

(1) ボイラーの負荷変動に対して、応答性が優れている。

(2) 少ない過剰空気で完全燃焼させることができる。

(3) 燃焼温度が低いため、ボイラーの局部過熱及び炉
    壁の損傷を起こしにくい。

(4) すす、ダストの発生が少なく、灰処理の必要がない。

(5) 急着火、急停止の操作が容易である。



問25  重油燃焼によるエコノマイザ又は空気予熱器の低温
     腐食の抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 給水温度を上げて、エコノマイザの伝熱面の温度
    を高く保つ。

(2) 蒸気式空気予熱器を併用して、ガス式空気予熱器
    の伝熱面の温度が低くなり過ぎないようにする。

(3) 硫黄分の少ない重油を選択する。

(4) 燃焼ガス中の酸素濃度を下げる。

(5) 重油に添加剤を使用し、燃焼ガスの露点を上げる。



問26  気体燃料の燃焼の特徴について、誤っているものは
     次のうちどれか。

(1) 燃焼させるうえで、液体燃料のような微粒化や蒸
    発のプロセスが不要である。

(2) 空気との混合状態を比較的自由に設定でき、火炎
    の広がり、長さなどの火炎の調節が容易である。

(3) 安定な燃焼が得られ、点火、消火が容易で自動化
    しやすい。

(4) 重油のような燃料の加熱、霧化媒体が不要である。

(5) ガス火炎は、油火炎に比べて放射率が高く、放射
    伝熱量が増す。



問27  霧化媒体を必要とする重油バーナは、次のうちどれか。

(1) プランジャ式圧力噴霧バーナ

(2) 戻り油式圧力噴霧バーナ

(3) 回転式バーナ

(4) ガンタイプバーナ

(5) 低圧気流噴霧式バーナ



問28  次の文中の【  】内に入れるAの用語及びBの数値
     の組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
    
    「燃焼室熱負荷とは、単位時間における燃焼室の単
    位容積当たりの【 A 】 をいう。水管ボイラーの燃焼室
    熱負荷は、微粉炭バーナのときは【 B 】 kW/m3 、油
    ・ガスバーナのときは200〜1200kW/m3 である。」
 
      A        B
(1) 発生熱量    150〜200

(2) 発生熱量    400〜1400

(3) 吸収熱量    400〜1400

(4) 放射伝熱量   150〜200

(5) 放射伝熱量   400〜1400



問29  ボイラーの熱損失のうち、一般に最も大きな熱損失
     は次のうちどれか。

(1) 燃えがら中の未燃分による損失

(2) 不完全燃焼ガスによる損失

(3) ボイラー周壁からの放熱損失

(4) 排ガス熱による損失

(5) 各部からのドレン、蒸気や温水の漏れ等による損失



問30  ボイラーの人工通風に用いられるファンについて、
     誤っているものは次のうちどれか。

(1) 多翼形ファンは、羽根車の外周近くに、浅く幅長
    で前向きの羽根が多数設けられている。

(2) 多翼形ファンは、高温、高圧及び大容量の風量に
    適する。

(3) 後向き形ファン(ターボ形ファン)は、効率が良好
    で小さな動力で足りる。

(4) ラジアル形ファン(プレート形ファン)は、中央の
    回転軸から放射状に6〜12枚のプレートが取り付
    けられている。

(5) ラジアル形ファンは、強度があり、磨耗、腐食に強い。






 続き(問31〜40)     過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP