二級ボイラー技士試験 平成21年後期の過去問



関係法令 (問31〜40)



問31  次の文中の内に入れるA及びBの用語の組合
    せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。

    「蒸気ボイラーのA は、ガラス水面計又はこれ
    に接近した位置に、B と比較することができるよ
    うに表示すること。」

     A     B
(1) 標準水位  常用水位
(2) 標準水位  最低水位
(3) 常用水位  現在水位
(4) 最低水位  最高水位
(5) 現在水位  標準水位



問32  ボイラー(移動式ボイラー及び屋外式ボイラーを除
     く。)を設置するボイラー室について、法令上、正しい
     ものは次のうちどれか。

(1) ボイラー室に障壁を設けずに重油の燃料タンクを
    設置する場合は、ボイラーの外側から1.2m以上
    離さなければならない。

(2) ボイラー室には、必要がある場合のほか、引火し
    やすい物を持ち込んではならない。

(3) ボイラーに附設された金属製の煙突又は煙道の外
    側から0.1m以内にある可燃性の物については、鋼
    板で被覆しなければならない。

(4) 伝熱面積が3m のボイラーを設置する場合は、2
    ボイラー室に設置しなければならない。

(5) ボイラーの最上部から天井、配管その他のボイラー
    の上部にある構造物までの距離は、原則として1m
    以上としなければならない。

問33  ボイラー取扱作業主任者が行わなければならない職
     務として、法令上、定められていないものは次のうち
     どれか。

(1) 急激な負荷の変動を与えないように努めること。

(2) 低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自 
    動制御装置を点検し、及び調整すること。

(3) 給水装置の機能の保持に努めること。

(4) 1週間に1回水面測定装置の機能を点検すること。

(5) 排出されるばい煙の測定濃度及びボイラー取扱い
    中における異常の有無を記録すること。



問34  ボイラーの検査及び検査証について、法令上、誤っ
     ているものは次のうちどれか。

(1) ボイラー検査証の有効期間は、原則として1年である。

(2) ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとす
    る者は、性能検査を受けなければならない。

(3) 性能検査を受ける者は、原則としてボイラー(燃
    焼室を含む。)及び煙道を冷却し、掃除し、その他
    性能検査に必要な準備をしなければならない。

(4) 使用を廃止したボイラーを再び使用しようとする
    者は、使用再開検査を受けなければならない。

(5) ボイラーを輸入した者は、使用検査を受けなけれ
    ばならない。



問35  次の文中の内に入れるAの数字及びBの用語
     の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)の
     うちどれか。
   「水の温度がA 度を超える鋼製温水ボイラーに
    は、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することが
    できるB を備えなければならない。」

     A     B
(1) 100   安全弁

(2) 100   返り管

(3) 120   逃がし弁

(4) 120   安全弁

(5) 130   逃がし管



問36  鋼製ボイラーの給水装置等に関し、法令上、誤って
     いるものは次のうちどれか。

(1) 蒸気ボイラーには、最大蒸発量以上を給水するこ
    とができる給水装置を備えなければならない。

(2) 近接した2以上の蒸気ボイラーを結合して使用す
    る場合には、結合して使用する蒸気ボイラーを1の
    蒸気ボイラーとみなして、給水装置を設置すること
    ができる。

(3) 自動給水調整装置は、2基の蒸気ボイラーに共通
    のものとすることができる。

(4) 貫流ボイラーの給水装置の給水管には、逆止め弁
    を省略して、給水弁のみとすることができる。

(5) 給水内管は、取外しができる構造のものでなけれ
    ばならない。



問37  ボイラーの伝熱面積の算定方法として、法令上、誤
     っているものは次のうちどれか。

(1) 立てボイラー(横管式)の横管の伝熱面積は、管の
    内径側で算定する。

(2) 立てボイラー(多管式)の煙管の伝熱面積は、管の
    内径側で算定する。

(3) 横煙管ボイラーの煙管の伝熱面積は、管の内径側
    で算定する。

(4) 水管ボイラーの水管の伝熱面積は、管の外径側で
    算定する。

(5) 水管ボイラーの耐火れんがによっておおわれた水
    管の伝熱面積は、管の外側の壁面に対する投影面積
    で算定する。



問38  そうじ、修繕等のためボイラーや煙道の内部に入る
     ときの必要な事項として、法令上、誤っているものは
     次のうちどれか。

(1) ボイラー又は煙道の内部の換気を行うこと。

(2) ボイラー又は煙道の内部で使用する移動電線は、
    ビニルコード又はこれと同等以上の絶縁効力及び強
    度を有するものを使用すること。

(3) 移動電燈は、ガードを有するものを使用すること。

(4) 使用中の他のボイラーとの管連絡を確実にしゃ断
    すること。

(5) ボイラー又は煙道を冷却すること。



問39  ボイラー(小型ボイラーを除く。)の次の部分を変更
     しようとするとき、法令上、ボイラー変更届を所轄労
     働基準監督署長に提出する必要のないものはどれか。

(1) 水処理装置

(2) 燃焼装置

(3) 節炭器

(4) 過熱器

(5) 据付基礎



問40  ボイラー技士免許を受けた者でなければ取り扱うこ
     とができないボイラーは、法令上、次のうちどれか。

(1) 伝熱面積が15u の温水ボイラー

(2) 伝熱面積が25u の気水分離器を有しない貫流
    ボイラー

(3) 伝熱面積が2.5u の蒸気ボイラー

(4) 胴の内径が720mm、その長さが1200mmの蒸
    気ボイラー

(5) 最大電力設備容量60kWの電気ボイラー






 過去の問題にもどる





      初めての二級ボイラー技士試験 TOP