関係法令の基礎



記号の確認


 ・AがB以上  ⇒  A ≧ B
 ・AがB以下  ⇒  A ≦ B
 ・AがB未満  ⇒  A < B
 ・AがBを超える ⇒ A > B


安全弁の数



 ・伝熱面積が50uを超える蒸気ボイラー ⇒ 安全弁が2つ必要
 ・伝熱面積が50u以下の蒸気ボイラー  ⇒ 安全弁が1つ必要








初めての二級ボイラー技士試験 TOP