二級ボイラー技士試験の内容と方法



試験時間

  • 3時間 〔 13:30〜16:30 〕


試験科目

  • ボイラーの構造に関する知識(10問)

  熱及び蒸気、種類及び型式、主要部分の構造,附属設備及び附属品
  の構造、自動制御装置 

  • ボイラーの取扱いに関する知識(10問)

  点火,使用中の留意事項,埋火,附属装置及び附属品の取扱い、
  ボイラー用水及びその処理、吹出し,清浄作業、点検

  • 燃料及び燃焼に関する知識(10問)

  燃料の種類、燃焼方式、通風及び通風装置

  • 関係法令(10問)

  労働安全衛生法、労働安全衛生法施行令及び労働安全衛生規則中
  の関係条項、 ボイラー及び圧力容器安全規則、ボイラー構造規格中
  の附属設備及び附属品に関する条項


                    (参考 日本ボイラ協会)





初めての二級ボイラー技士試験 TOP