二級ボイラー技士試験の手続き方法


1、受験申請書を用意します。

労働衛生技術試験協会本部、各安全衛生センター、または免許試験受験申請書取扱機関(日本ボイラ協会各支部など)の各団体で無料配布しています。

【郵送の場合】
次のものを同封して、労働衛生技術試験協会本部又は受験を希望する各センターのいずれかに郵送します。

 ・「免許試験受験申請書(受験する試験の種類も書く)〇〇〇部」と
  明記したメモ書き。
 ・返信用封筒(角型2号封筒 縦34cm、横24cmの大きさ)。
  あて先を明記し、返信郵送料分の切手を貼る。

           

2、受験申請書類の作成

・添付書類(受験資格を有することを証明する書類)を用意する。
・試験手数料を支払う  8,300円

 【支払方法】
 ・各受験申請書に綴り込みされている五連式の払込用紙で、
  郵便振替または銀行振込のいずれかの方法により払い込みます。
  なお、「郵便振替払込金受領証」は、領収書に代わるものですから、
  大切に保管しましょう。
 ・受験申請書を持参される場合に限り、現金で払い込むことができます。
   注意:受験票を発行した後は試験手数料の返還はされません。

・証明写真(36mm×24mm)

             
 
3、受験申請書を提出

・提出先  受験を希望する各安全衛生技術センター
・提出方法及び受付期間

 【郵便(簡易書留)の場合】   
  第1受験希望日の2ヶ月前から14日前(消印)までに郵送します。  
 【センター窓口へ持参の場合】  
  直接提出先に第1受験希望日の2ヶ月前からセンターの休日を除く
  2日前までに持参します。        

注:※定員に達したときは第2希望日になります。
  ※土曜日、日曜日、祝日、5月1日(創立記念休日)、年末年始は休業  
   

           

4、受験票の受取り

・受験票は、受験申請書を郵送してから10日以内に届きます。
・受験申請書を郵送してから10日経っても受験票が届かないときは、
 第1受験希望日の前までに必ず提出先に問合せしてください。

注意:受験票を発行した後は試験日の変更及び試験手数料の
   返還はできません。







初めての二級ボイラー技士試験 TOP