ボイラー用語集


二級ボイラー技士試験・一級ボイラー技士試験・ボイラー取扱技能講習修了者の免許取得を目指している方の試験合格のための受験勉強にはもちろん、その他のボイラー関係の資格試験や、すでに就職・仕事をしていて日常のボイラー業務の仕事に関わる方にも役立つボイラー用語集。

【ひ】から始まる用語


・比エンタルピー

 単位質量あたりのエンタルピー。h(kj/kg)  
 ボイラー関係では水や蒸気の保有する熱量に加熱や放熱に
 よって出入りする熱量。1kg当たりの水や蒸気を一定圧力の元で、
 0.01℃という基準温度から現在の状態にまで加熱に要する熱量。

・比熱

 物質1kgが1℃温度変化するのに必要な物質固有の熱量 kJ/kg℃。
 1kgの水を1℃高めるのは4.187kJ。

・比容積(比体積)

 単位重量の物質の有する容積(m3/kg)

・比例動作(P動作)

 偏差の大きさに比例して操作量を増減する制御。

・微粉炭のバーナ燃焼方式

 石炭を粉末状に粉砕し、バーナから炉内に吹き込み、
 燃焼室中で浮遊状態で燃焼させる方式。
 発電用などの大容量ボイラーに使用

】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【





ボイラー用語集にもどる






      初めての二級ボイラー技士試験 TOP