ボイラー用語集


二級ボイラー技士試験・一級ボイラー技士試験・ボイラー取扱技能講習修了者の免許取得を目指している方の試験合格のための受験勉強にはもちろん、その他のボイラー関係の資格試験や、すでに就職・仕事をしていて日常のボイラー業務の仕事に関わる方にも役立つボイラー用語集。

【し】から始まる用語


シーケンス制御

 あらかじめプログラムされた順序に従って制御をステップごとに
 進めていくもの

使用検査

 使用を廃止した物、輸入したもの、構造検査合格後1年以上未設置の
 ものに対し、 任意の都道府県労働局長が行う検査

自然循環式ボイラー

 ドラムと多数の水管とで、ボイラー水の循環回路を作るようにしたもの。
 蒸気のために水管内の比重量が減少することを利用してボイラー水に
 自然な循環を行わせるもの。

湿り蒸気

 飽和水と飽和蒸気の混合体。

主給水弁

 給水逆止め弁とボイラーの間に取り付ける

・主蒸気管

 ボイラーで発生した蒸気を使用する場所まで送る管。
 管の継手には伸縮継手が使用される。

・主蒸気弁

 送気の開始・停止を行う為のバルブ

・重油の引火点

 60〜120℃

・重油の加熱

 加熱温度 B重油 50〜60℃ C重油 80〜105℃。
 B重油よりC重油は粘度が高く加熱温度も少し高くする。
 低すぎるとき→霧化不良、炎の偏流、すすの発生高すぎるとき
 →噴霧状態にむら、息つき燃焼、噴射角が乱れる、炭化物生成の原因

・昇降式ダンパ

 1枚板を上下に昇降させる構造のダンパ。
 れんが積み構造の煙道ダンパとして用いられる。

・蒸気トラップ

 ドレンを逃がし、配管中で飽和水と蒸気を分離するもの。
 バケット式、フロート式、バイメタル式、ベローズ式、オリフィス式、
 ディスク式

・蒸気圧力調整器

 中容量以下ではベローズが蒸気圧力を検出するのに用いられる。

・蒸気管

 ボイラーで発生した蒸気を蒸気使用機器にまで供給するための蒸気配管
 の総称。
 ボイラーから蒸気管寄せまでの蒸気管を主蒸気管。
 蒸気管寄せから各機器へ蒸気 を供給するものを枝蒸気管と言う。

・蒸発式油バーナ

 油受け(蒸発皿)に一定油面を保つように油が供給され、外輪および内輪
 に設けられた 小さな穴から空気が油受け上面に導入され、
 油面上に火炎を形成。
 ごくごく小容量のボイラーの一部に使用

・真空給水ポンプ

 ビルの蒸気暖房用ボイラー設備に用いられる。

・人工通風

 送風機などの機械的方法によって強制的に空気を送り込むもの

】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【





ボイラー用語集にもどる








      初めての二級ボイラー技士試験 TOP