ボイラー用語集


二級ボイラー技士試験・一級ボイラー技士試験・ボイラー取扱技能講習修了者の免許取得を目指している方の試験合格のための受験勉強にはもちろん、その他のボイラー関係の資格試験や、すでに就職・仕事をしていて日常のボイラー業務の仕事に関わる方にも役立つボイラー用語集。

【て】から始まる用語


・定期自主検査の項目

 ボイラー本体、燃焼装置、自動制御装置、付属装置及び付属品。
 頻度は一ヶ月以内ごとに一回。

・低発熱量

 水蒸気の凝縮熱を含まない

・ディフューザポンプ

 流線型の案内羽根を持つ遠心ポンプ。
 主に用いられる。高圧用。
 
 〔取り扱い〕
 空気を吸い込まないように吸い込み側のパッキンを点検。
 空運転はしない。
 軸がグランドパッキンシールのものは少し水が滴下するくらいに締める。
 電流計で負荷電流を確認。
 軸がメカニカルシールのものは軸からの水漏れがないように。

・点火用電装置の種類

 直接スパークで主バーナに点火する直接点火方式とガス燃料を用いた
 点火バーナで主バーナに点火するパイロット点火方式がある。

・伝導

 個体内部を高温側から低温側へ熱が伝わる現象。

・伝熱蒸発率(δ)

 伝熱面1m2当たりの蒸発量。実際蒸発率(δ1=W/A[kg/m2h])。
 換算蒸発率(δ2=We/A[kg/m2h])。(Aは伝熱面積[m2])

・伝熱面

 水が熱を受ける部分 伝熱面。
 放射熱を受ける部分 放射伝熱面。
 伝導熱を受ける部分 接触伝熱面。
 対流熱を受ける部分 対流伝熱面

・伝熱面積

 ボイラー内で燃焼熱ガスが伝える熱量の大小を決める接触面の面積。

・天然ガス

 天然に発生するガスのうち炭化水素を主成分とする可燃性の物。
 ほとんどがメタンのドライガスとメタン、エタンの他に相当量の
 プロパン、ブタンを含むウェットガスに分かれる。

】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【





ボイラー用語集にもどる







      初めての二級ボイラー技士試験 TOP