ボイラー用語集


二級ボイラー技士試験・一級ボイラー技士試験・ボイラー取扱技能講習修了者の免許取得を目指している方の試験合格のための受験勉強にはもちろん、その他のボイラー関係の資格試験や、すでに就職・仕事をしていて日常のボイラー業務の仕事に関わる方にも役立つボイラー用語集。

【や】から始まる用語


・焼入れ
 
 鋼を硬くするため、高温から、水や油で急冷する熱処理のこと。

・焼戻し

 焼入れだけでは、硬いがもろいという欠点があるため、
 粘りを持たせるため再加熱(200〜600℃)する熱処理のこと。

・焼ならし

 炭素鋼の組織を均一にするため、焼入れ後空気中で
 徐々に冷却する熱処理。

・焼なまし

 焼入れで硬くなった材料をやわらかくするため、高温に加熱し、
 その後、徐冷する熱処理。
 また、応力除去焼なましとは、鋼材の内部応力だけを除くために、
 650℃程度の温度で加熱する熱処理。

・焼なまし炉

 燃料には、ガス、石炭、電球などが使われる。

・薬液注入装置

 ボイラー運転中に、ボイラー洗浄剤を注入するのに使う装置。

】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【】【】【
】【】【】【】【】【





ボイラー用語集にもどる







      初めての二級ボイラー技士試験 TOP